スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
やっと新学期始まりましたね!
 待望の新学期が始まりました!
 お仕事されている方も、同じ気持ちでしょうか・・・
 私は自宅で仕事(といってもお手伝い程度)なので、
ほぼ専業主婦です。(そのお手伝いも、今は小休止中)


 学校が長期休暇になると、一日中子供と一緒なので、気持ちが休まりません。


 ブログのコメントをしようと思えば娘がチラ見


 オンゲーは、三番目  娘  私の順番待ち 
 年末はここに長男も加わっていたんですが、お年玉で購入した
    魔界戦記 ディスガイア
 に、はまり順番待ちから抜けたのでした。
 やり込み要素が多いらしく、満足度 MAXのようです。
 ただ、PS2と内容に差が無いそうなので、PS2で楽しんだ人には不評だったようですが・・・。


 そして、いざ順番が回ってきても、サイドに陣取り
「  HP減ってるよ  バリア切れそう  」
と、指示が飛び、チャットを打ち込んでいると、勝手にマウスで操作したり、ショートカットキーで回復したり・・・。
 やった気がしないです 


 しかも三番目に至っては、自分の番になると
「 おか~さ~ん ちょっときて~ 
が、始まり、読めない漢字を読まされる事に・・・
 ストーリーのあるゲームなので、人のセリフを読み上げるんです。
「 お母さんはご飯の支度してるの  」
と、事実なんですが口実にして娘に読ませていました。


今日のこの静けさ・・・久しぶりに楽しみます 

 







スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2007/01/09 11:03 】 | ゲーム | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
己(おれ)のダンジョン
 昨日、長男が「 ロードレース大会で1位になったからゲーム買って 」と言い出したので、夕飯も兼ねて家族でGEOへ。
(普通はこんなに気前はよくないのですが、元々長男はどちらかと言うとニブイ方で、その子が・・・といった思いから今回は財布のヒモを緩ませてしまいました。
 ところが、気に入った物が無い・・・。


「  これなんかいかが  」
 ヴァルハラナイツ


「  やっぱり こっちにしようか  」
 モンスターハンター
 と、勧めるも却下され、私の欲しいソフトを中古で安く買わせようというもくろみはあえなく崩れ去りました。


 早々に店を後にし、次はトイザらすへ。
 すると・・・ありました  新品の通常価格の物が。


 それは、  己のダンジョン  なんですが・・・
 イメージ画像もなければ、公式HPも、なんだかセコイ気が・・・。


 しかも、忘れちゃいけない・・・
PSPは、まだ修理中 


 長男は 「 説明書見て楽しむからいいの 」
 と、平然としていますが・・・
 私はなんだかわざわざ高くてつまらないものを買ってしまったような気がしてならないのです。


 キャラデザインは好みです。
 ゲーム内容は、デスペナ等がトルネコ風。(嫌いではないです)
 自分でもダンジョンを作り(己のダンジョン)自分で探索したり、
   他人の作ったもの(奴のダンジョン) と通信交換して楽しめるってあるんですが・・・
 この時の通信形式はアドホックモードなんです・・・って
   ことは、友達レベルの人がこのソフトを購入していないとあまり意味なさそう・・・。
 まぁ、無線LANだったとしてもドラゴンボールの二の舞ってこともありそうですが。


 家庭用ゲーム機のネット進出が始まりましたが、オンゲーに対抗しうるものになるにはもう少し時間がかかりそうです。
 しかも、ただオンライン化すれば良いというものでもなさそうです。
 そのソフト毎にイベント等が開催されるようになったら・・・もう家庭用とオンゲーの区切りは無くなりますね。


 このところニュースやワイドショーでオンゲーのことやっていましたが、家庭用ゲーム機にもその機能を持たせたって言う事は、今抱えている問題がますます低年齢化するってことです。
 結局問題の元作っているのは大人なんですよね・・・。


 ゲームにもマナーや知識が必要な時代になってきました。
 私は正しい知識を身に付けるために自ら・・・ 
 と、言うのはモチロン言い訳で~す。 
 ボーナスで新パソコン購入計画が急浮上してきたので、買ったら・・・あれもしたい、これもしたい と、煩悩の権化となっています。


 ちなみにバイトは作業ストップがかかってしまいた。
 ちょっと暇になった私です。


 









テーマ:PSP - ジャンル:ゲーム

【2006/12/11 15:19 】 | ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
D・BALL 真武道会その後
 お誕生日にもらった


 DRAGONBALL Z 真武道会 ですが、
 長男がず~っとやっていて、私に回ってきたのは2日後くらいでした。


  ズバリ感想  ですが、
 面白いけどすぐ終わる  です。(ゴメンナサイね)


 ストーリーモードといっても、戦いの間に会話が少し入る程度で、終始戦い。(格闘ゲームなので当たり前ですが。 )


  な所は、操作ベタの私でもクリア出来ることです。 


 「Rキー」を使う技があるんですが、決まりません。
 長男曰く、「 タイミング 遅すぎ  」


 三番目にも、
「 ○○は強いよ 僕でも勝てないんだから 」
  お母さんは あなた以下ですか 


 不器用でも大技が決まるので、爽快感はありますが、アマゾンのコメントにもあるように、やりこみ要素は無いです。


  以下愚痴&願望  


   賞金の使い道はスタンプを買うことのみ。
       そのプロフカードの使い道が交換のみ
       シートやスタンプはたくさんあるのに、
       1枚しか保存出来ないので作る気になりません。
   ネットワーク対戦が売りなのでしょうが、
     誰も接続していません。 
       なので、プロフカードの交換とかもナシです。


  それならせめて、たくさん保存してコレクションにでもしたかったです。 
 スタンプは、大きさ、濃淡、位置、方向を自由に変えることが出来、組み合わせのバリエーションが豊富。
 宝の持ち腐れ状態です。


 お気に入りのキャラはベジータ スーパーサイヤ人 2です
 もう1段階強いヴァージョンがあるのですが、あえてこちらを使っています。
 (ビジュアル的にこっちが好き です)
 ちょっと虚しさも感じつつキャラに誤魔化されてぼちぼちしています。  が・・・


 PSPが壊れてしまいました 
 最初はフリーズ?したり、文字化けしたり・・・
 そしてとうとう長男使用中にアナログパッドが取れました。  
 修理にだします・・・。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2006/12/05 23:21 】 | ゲーム | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
お誕生日プレゼント
 今日、11月29日はMY BIRTHDAYでした。
 何回目かは・・・ご想像におまかせしますね。 


 朝には、早々と義母が(隣の家に住んでいて、廊下がつながっているので)地元のデパートの商品券を持ってきてくれました。
 1年間積み立てた金額分の商品券で、高額な物を頂くので、通常では買うことの出来ない洋服を買わせて頂いています。(感謝 感謝です


 義母はとても気の利く人なのですが、その他の家族といえば・・・
   期待薄  
 朝から自分のためのケーキを買いに行き、大して期待もせずにいたところ・・・
 案の定、学校から帰ってきた娘が冷蔵庫の中を見て、
「 あっ  ケーキ だ
 なんでケーキ があるの 
 」


 やっぱり忘れてる 


 ところが、主人が夕方やけに早く帰ってきたと思ったら、子供たちを連れてコソコソと出かけて行きました。


 三番目はもう満面の笑み  で、
「 早くご飯食べ終わりたいなぁ
 そうしたら、ケーキの他に
 あと1つ良いことがあるよ
  」
 と、とっても分かりやすいコメント 


                         


 ケーキのためにご飯は軽めに済ませ、
( 洗い物を減らす効果もあり )
コーヒー でも入れてケーキ を食べようと思っていると、
「 もって来ていい  」
 と、待ちきれない様子の三番目。
 根負けした主人が、
「 じゃあ、持ってきて
 お母さんに  選んだんだよね  」


おぉ 
  ありがとう~
  」


「  お母さんが欲しがってた
 ゲームカセットだよ
  」


えぇ   」
 あ・・・トイざらすの袋だ・・・


 う~~む 親としての威厳ゼロです><
 ただ、娘の顔をふと見ると・・・浮かない顔。 
 理由を聞くと、
「 お母さんの欲しがってたゲームカセットが無かったの 」


「 え・・・そうなんだ。(欲しがってたって言うのも情けない^^;)
  じゃあ、これは・・・  」
 と、開けて見ると、それは


DRAGONBALL Z 真武道会
 だったのでした・・・ 


 それを見た長男が三番目に一言。
「 それ、お前が欲しいだけジャン 」
 すると主人が
「 だって、一番欲しいのが無くて、お母さんドラゴンボールが好きだって言ったからこれにしたんだよな。 」
 (確かに大好きです 


 すると長男、再び
「 お母さんはマンガが好きなの。
  シューティングは好きじゃないんだよ。
 」
 (その通り だけどそんなこと三番目には言えないよ
 だって、だって、すでに涙目になってるし・・・。


 すると主人が、秘話もう1つ披露してくれました。
「 でも、こいつ()も結構スゴイこと言ってたぞ。
  犬の育成ゲーム持ってきて、
  こっちがいいんじゃない こっちのほうが安いし
 だって。 」


 オイオイ~ と思っていると,
すでに号泣していた三番目も、


「 だって、これがちょっと
 やってみたかったんだも~~ん
  」
 と、パッケージを指差してカミングアウト。




 なんだか、おかしくて、おかしくて   
 笑ってしまいました。


 しかもクールを装っていた長男に至っては、今ゲームの名前を確認ようとしたら・・・
 ゲームプレイ中 でした。 


 これからボチボチ(ハマれば一気に
 進めて行こうと思いま~す。
 







テーマ:PSP - ジャンル:ゲーム

【2006/11/30 01:02 】 | ゲーム | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
息子詐欺られる><。
 書こうと思いつつも、長男の試合での予想外の展開に先延ばしになっていたこの事件 


 私が飛び込んだオンゲー  での出来事です・・・。


 この世界での詐欺方法はいくつかあるんですが、息子(小1)のひっかかったのは、貸して詐欺    。
 レアなアイテム等を「ちょっと試しに使わせて。すぐ返すから。」などと言って、借りたらすぐにドロン(ログアウト)するというもの。


その日は日曜参観の代休で、朝からヤル気満々でした。宿題を終わらせて、昼過ぎからゲーム開始。
 私は強烈な西日  の中、ウトウト・・・ と、突然


やっぱり 詐欺だった・・・ うわぁぁぁぁぁん 


 と、息子が飛びついて来ました。見るとパソはもうログアウトしていてデスクトップ画面・・・
 一瞬にして眠気も吹っ飛び、
 「何を???   何を詐欺られたの???」 
               (と、こっちも大パニック)
 「○○○・・・」 (と、息子)
 「え~~~>< 」
 「なんで・・・なんで渡したの? 」(さっぱり訳がわからない私)
 「ちょっと貸してって言ったから・・・」(泣く息子)
 「イヤだって言ったのに・・・」(更に泣く息子) 
 「やっぱり・・・って、詐欺だって分かってたのに渡したの?」
    (怒り心頭の私。腹が立ったのは詐欺に対してなんですが)
 「うん・・・」 (涙ポロポロの息子)  
 渡したくないのに渡してしまった???なんとも要領を得ません。




 取られた物はそこそこレアなもので、課金アイテムを使用しないと手に入らないもでした。
 課金アイテムに対する人の考え方は、本当に様々で、絶対使わない派、つぎ込む派(月1万以上・・・それでもパチンコするより安い・・・という考え)
 私はその中間で、少し使ってより楽しみたい派です^^;けれど、ただの主婦なので、お金は大体5000円程度(ゲームカセット代)を限度と考えているので、課金のレアなものを詐欺られたというのは  並々ならぬショック  でした。


 その日の午前中に詐欺のことを話して聞かせていて、納得したように見えた息子。どんなことを言われて渡してしまったのかはわかりませんが、しつこくされて、早くその状況から逃れたかったのかもしれませんね。そんな息子に  母の一言 


お母さんに言うのは、
      詐欺られる(渡す)前に言いなさい

                           
お母さんは怒ったとしても、
          あんたに損はさせません





 これは、息子が私が叱ると思って、渡す前に言えなかったと言ったからです。
 なぜ息子が叱られると思ったかというと、私が日頃、チャットはするなと言っていたからだと思います。
 実は今回みたいに詐欺られたりしないように・・・と言う意味でチャットを禁止していたのですが、息子はチャットが楽しかったようで、誰彼かまわず話しかけていたんです。そして今回の事・・・少しは私の気持ちわかってくれたでしょうか?


 そして、ちょっと冷静に考えてみると、これってリアルのことでも当てはまるんです。問題が大きく、深刻にならないうちに相談する。これって大事ですよね~。改めて子供と話し合うきっかけになりました。


 この後この詐欺師の間抜けぶりを見てますます腹の立った私ですが、アイテムは当然戻りません。渡した方が悪いのです。
 今でもこの詐欺師のキャラクターを見つけるとムカムカします。
 見つけたら絶対に潰します。許しませんよ~~
 だってそんなに簡単にあきらめたら、「こんなに簡単に手にはいるならまたやろう」って思うでしょ。


 まぁ小1にオンゲーさせるなっという突っ込みはナシ・・・ということでb
 実は、これをきっかけに遠のいてくれるといいなと思っていて、実際に最近はほとんどやっていません。
 もちろん上二人からも厳重注意&処罰  が下っていました。
 











テーマ:お母さんの気持ち。 - ジャンル:育児

【2006/10/11 15:33 】 | ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ゲーム雑感
 私のゲーム熱は丁度長男が小1の時、「お母さん、ポケモン育てといて!」から始まりました。丁度次男(3人目)出産したてということもあって、授乳しながらポケモンを育てる・・・ヾ(・・;)ォィォィという毎日 まだゲームボーイカラーの時代でありました


 それからドラクエ、タクティクスオウガ、黄金の太陽、ファイヤーエムブレムなどRPGにはまることしばし・・・。
 長男とデータを作り情報交換したり・・・(どんな親だ・・・


 そんな私がふとしたきっかけで踏み入れてしまった世界がオンゲー・・・。
 オンゲー歴1年半になりました。(恥)
 1年半してみた感想は・・・まさしく別世界ということ。ひとつの世界がパソの中にあるんです。
 だからこそ、この世界でのルール、マナーがあり、善も悪(光と影というべきかも)もあります。
 学んだこともたくさんありますが、今回はいくつかある影の部分で、一番驚いたことを最初に書きますね。


 もうすでにオンゲーしている人とっては、周知の話ですが、もしお子さんがオンゲーしているのであれば、どんなプレイ方法をしているのかしっかり見極めましょう。


プレイ料金は無料でも課金アイテム(実際のお金で買うアイテム)を大量に買いそれをゲーム上の架空のお金に換えつぎ込んでいたり、自分のキャラクターやアイテム等を現実のお金で売買していたり。


それに関しての詐欺等も発生しています。


ゲームしたら目が悪くなるな~んて時代は遅れていますよ。


 ゲーム大好きな私だから、ゲーム自体を楽しんで欲しいな・・・。



 





テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

【2006/10/06 11:32 】 | ゲーム | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。