スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
家庭教育学級 閉校式
 金曜日に中学校の家庭教育学級の閉校式がありました。
 閉校式の後に講話がありました。


 内容は一時期すごく話題となった親業からの抜粋で、
親子のコミュニケーションの取り方を、実際に会話したりワークシートを使ったりして話して下さいました。


 その中で、講師が「お母さん」、お母さん(代表)が「学校へ行きたくないと言う子供」の役となり、会話をするものがありました。


 子供 「私 明日から学校いかんわ・・・」
と、言うセリフに対し、


 母親 「何を言ってるの。明日からちゃんと行きなさい」
    「行かないとお父さんに言うよ」
    「学校は行かなきゃいけない事になってるのよ」
    「先生に相談したら?」
    「しっかり勉強したら、嫌にはならないはずよ」
    「嫌な事があるとすぐ弱音を吐く」
    「じゃ、行かなくていいわ」
    「成績が良くないからじゃないの?」
    「いつから? 何で? 嫌な事があった?」 
と、9つの返答例があり、実際に1つ1つ交互に言っていったのですが・・・
 傍から聞いていても
絶対行きたくならないなぁ
という返答例ばかり・・・。
 代表のお母さんも即興で自分の気持ちを、
イヤだ   話したくない
と、頑なになる一方。




 次に
 子供 「私 明日から学校いかんわ・・・」
に対して、
 母親 「行きたくないんだ」  と言うと
 子供 「・・・うん」
 母親 「休みたいの?」
 子供 「・・・うん」
 母親 「嫌な事があったの?」
 子供 「・・・言いたくない」


 と、変化していきました。
 結果「言いたくない」というセリフですが、頑なな雰囲気は薄らいだように思えました。
 この後、親が解決するのではなく、子供が自分で答えを出せるように導いて行くのが、親の役目であると言うお話があり、反省しきりでした。


 お母さんの中には、実際子供が行きたくないと言った時、上記の9つの返答例にあることを言ってたわ・・・と言う人もいました。
 普段何気なく言っている言葉が、子供を頑なにしているんだと反省です。
 両者がっぷり四つ が、日常茶飯事です。


 急には出来ませんが、カウンセラーのような聞き方が良いとの事、心に留めて・・・おけるといいなぁ。

 





スポンサーサイト

テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2007/02/27 09:52 】 | 私の知らない世界 | コメント(6) | トラックバック(1) | page top↑
<<一年生最後の参観日 | ホーム | 魂入ってますかぁ~?>>
コメント
たまゆきさん へ
嫌がらせからの苦痛を乗り越えられたのは、やはりたまゆきさんの支えがあったからこそ!ですね。
今たまゆきさんのブログで見るお嬢さんの芯の強さの源を知った気がしました^^
壁の大きさと、乗り越えた後の成長度は比例するのではないでしょうか?
【2007/03/02 09:34】 | URL | mame母 #i1AW65Uk[ 編集] | page top↑
うちの娘は、中2の時、部活や他の子に「死ね」とか言われたり、廊下の壁に嫌がらせを書かれたりして、一時、荒れたことがありました。その時、私が知らない間(仕事に行ってる間に)家に担任にも無断で帰宅してたことがありました。それは一度だったのですが、二度目はトイレに数時間隠れて泣いて篭ってたこともありました。その時は学校から連絡があり、「姿が見当たらない、でも靴があるので、学校内にいると思います」ということだったので、探しました。泣きながらいる娘を見て、何も言えなくなりました。
その時、私は何も責めなかったけど、ただ「居場所だけは親にも先生にもわかるようにしてね」と言いました。黙って抱きしめてあげてたら、娘の方から話を始めてくれて・・・。
いけないことは叱り、でも娘の気持ちは聞いたつもりです。
その後、一度も友達関係のことで「行きたくない」とは言うけど、休んだことはありません。
保健室へ行くことも増えたけど、それも責めませんでした。中3になり、クラスがかわってメンバーも変わってからは、明るい顔になって学校を楽しんだようです。

そんな経験しましたよ・・・・。
【2007/02/28 10:48】 | URL | たまゆき #4A9T8td.[ 編集] | page top↑
鈴さん へ
難しいですよね><
配られた「例」のように即子供が自発的に考えてよい結果になれば良いですけど、実際には長い時間を要するのでしょうね^^;
子供の話につっこみを入れている自分がいます^^;
親も成長しないといけませんね><b


ゆぅさん へ
今からトレーニングを積めば、姫ちゃまが思春期の時はバッチリ!!!・・・かも^^;


(´・ω・`)知らんがな さん へ
目的は「自分が知るために聞き出すこと」ではなくて、「子供が考えをまとめられるように話を聞いて(聞き出して)あげる」ということらしいです。


たまに・・・なら許せますが、ず~~っとになったら・・・自分でもどんな風に接するのか・・・予想できません><

【2007/02/28 08:48】 | URL | mame母 #i1AW65Uk[ 編集] | page top↑
誘導尋問みたいにしていくんですね(`・ω・´)
人間ですし、ましてや交友関係など悩みも多き年頃ですから、無理に行かせずに家で自習、というのもたまにはいいのかもしれませんね。
…やっぱり甘いですかね(´・ω・`)?
【2007/02/27 23:18】 | URL | (´・ω・`)知らんがな #-[ 編集] | page top↑
なるほど~なんだかすごく参考になった感じがしました☆
今後うちの姫さんがこのようなことになった時にはカウンセラーを基本にしたいですね☆
でも、実際そうなったら私にできるか少し不安・・・( ̄ー ̄; ヒヤリ
【2007/02/27 13:52】 | URL | ゆぅ #-[ 編集] | page top↑
難しいですよねぇ。
私はどうなんだろうって考えました。
「学校行くのいやだなぁ」と言うときは大抵、
「そうなん?」「どした?なんかあった?」
って聞いてるかなぁ。
ここまではカウンセラーっぽいけど、
結局は「嫌な事があったら、すぐ弱音を吐いちゃだめ」って終ってるような^^;
人間が出来てませんねぇ(´・ω・`)ションボリ
【2007/02/27 11:28】 | URL | 鈴 #I9hX1OkI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuts111mame.blog77.fc2.com/tb.php/51-f1f71e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
家庭教育について
家庭教育家庭教育 (かていきょういく) とは、親がその子供|子に家庭内で、言葉や生活習慣、コミュニケーションなど生きていく上で必要なライフスキル(生きていくうえでの技術)を身につける援助をしてやること。類似・関連語にはしつけ|躾(しつけ)がある。.wikilis{font- 婚約指輪【2007/03/05 19:20】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。